JP
日本語FrançaisEnglish简体中文

製品開発・OEM

200年の歴史を誇る老舗窯だから出来る、他とは一線を画す製品開発

長い歴史の中で培われてきた自社製品開発の実績を活かし、さまざまなニーズに応える製品開発を行います。
七代目弥左ヱ門をはじめ、有田焼のプロフェッショナルが製品開発を協力にサポートします。
伝統を守り、革新を重ねたアリタポーセリンラボ独自の技術・技法を駆使し、一つひとつの製品を熟練の職人が作り上げます。
今では数少ない大型の窯は、大物の焼成にも対応し、あらゆる製品をワンストップで製造することが可能です。

製品開発の流れ

01

お問い合わせ

先ずはお気軽にお問い合わせ下さい。

02

ヒアリング

有田焼のプロフェッショナルに、ご要望をお聞かせ下さい。

03

お打ち合わせ

ご要望を元に、開発の方向性・企画を決定していきます。

04

デザイン・仕様の決定

方向性・企画に基づき、デザインや製品仕様を具体的に提案、決定します。

05

試作

実際の製造を想定し、製品の試作を行います。
製品コンセプトのズレや品質上の問題が無いことを確認しながら進めます。

06

製造

確定した仕様で製造を行います。
自社工場の職人によってワンストップで作り上げます。

製造工程を見る

07

納品

焼成が完了した後、一つひとつ丁寧に検品を行い、
基準をクリアした製品を出荷・納品します。

アリタポーセリンラボは国内外を問わず多くのお客様に選ばれてきました。
その実績を、ぜひご覧ください。

プロジェクト一覧へ
商品開発・OEMをご希望のお客様は、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

アリタポーセリンラボについて

創業1804年 200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」
アリタポーセリンラボは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した
現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、
一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。