JP
日本語FrançaisEnglish简体中文

帝国ホテル東京 レ セゾン 様

納入2015年~

JAPAN シリーズ

ホテル・レストラン・etc.

帝国ホテル東京様のフランス料理レストラン「レ セゾン」様にて、飲食店用食器としてお使いいただいております。

諸外国の要人をおもてなししてきた日本を代表する帝国ホテルのグランメゾン。
シェフは、2005年、フランスから招聘されたティエリー・ヴォワザン氏。
日本の伝統風土と食文化をよく研究されており、日本人にとって食べやすく、いつ食べても新しい発見がある素晴らしいフレンチです。

Thierry Voisin(ティエリー・ヴォワザン)
仏・トゥール出身。1964年生まれ。「シャトー ダルティニ」「ジャンポール デュ ケノワ」を経て、フランスを代表するシャトーレストラン 「ボワイエ レ クレイエール」 (現「レ クレイエール」)にて1989 年よりスーシェフ、1995 年よりシェフを勤め、9 年間ミシュランの3ツ星を維持。2005年、帝国ホテル東京 メインダイニング 「レ セゾン」のシェフに就任。 2011年「農事功労章シュヴァリエ」受章、 2014 年には「農事功労章オフィシエ」受章。

帝国ホテル レセゾン/東京

東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館中2階

公式HP https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/les_saisons/index.html

アリタポーセリンラボのことを知る

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

アリタポーセリンラボについて

創業1804年 200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」
アリタポーセリンラボは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した
現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、
一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。