JP
日本語FrançaisEnglish简体中文

天地の守護獣

製作2015年

有田焼・狛犬

製品開発・OEM

英国チェルシーフラワーショー2015にて、景観アーティスト・石原和幸さんの出展作品『江戸の庭』に置くための狛犬に絵付けを行いたいと現代アーティスト小松美羽さんから依頼を受け、大花瓶や水タバコに絵付けした実績を持つ当社にて有田焼の狛犬を作成する事となりました。
有田焼狛犬「魂を見つめる守護獣」が守り神として鎮座した、庭園デザイナー石原和幸氏の作品『江戸の庭』は、世界最高峰のガーデニングショー「チェルシーフラワーショー」においてみごとゴールドメダル受賞しました。

大英博物館キュレーターのニコル・ルーマニエール氏の目に留まり、有田焼という伝統工芸品としての価値に加え、古くから日本の神社仏閣に守り神として置かれてきた「狛犬」という文化財としての価値、また、独特の生命感を纏った芸術品としての価値が高く評価され、大英博物館に永久収蔵される事となりました。

そして、キャプションには

The playful Lion dog(koma inu)are a collaboration between the artist Komatsu Miwa who designed and painted them and Matsumoto Satoru who formed and fired them.He is the seventh generation to head the Yazaemon Kiln,Arita.

と書かれていて、七代目弥左ヱ門・松本哲の名も大英博物館に永久に刻まれる事となりました。

小松美羽

1984年11月29日生まれ。長野県出身
女子美術短期大学で銅版画と出会う。卒業後銅版画家として活動、独自の死生観を描いた『四十九日』で注目を集める。
その後、ペン画・ペイント画など意欲的に活動の幅を広げていく。
2015年5月にイギリス「チェルシー・フラワーショー」にて庭園デザイナー・石原和幸の作品『江戸の庭』とコラボし有田焼の狛犬を製作しゴールドメダルを受賞。その狛犬が10月イギリス・大英博物館に所蔵された。

オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/komakoma-blog/
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/MiwaKomatsu

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

アリタポーセリンラボについて

創業1804年 200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」
アリタポーセリンラボは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した
現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、
一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。