JP
日本語FrançaisEnglish简体中文

有田という地から世界を相手に
技術と伝統を繋ぐ大切な仕事

入社歴: 1年

森永 剛史

所属部署: 営業

担当業務: 営業

社長である七代目弥左ヱ門の「世界一のブランドを作りたい」という言葉に感銘を受け、有田への移住、未経験からの転職を決意。現在はアリタポーセリンラボの営業を担当。

今までの暮らしから一変、有田への移住と転職を決めた理由

転職のきっかけは、世界を相手に働いている社長に惚れ込んだという点と、アリタポーセリンラボの製品に惚れ込んだというこの2点です。特に「JAPANシリーズ」が好きですね。熟練の職人が1つ1つ手作業で作るので、マットな質感と渦巻き模様が残ります。全ての製品の顔が違うのはとてく特徴的ですし、魅力的だと思います。

世界を目指すための夢を一緒に見たい

アリタポーセリンラボの良いところは何でもやれるところです。自分の担当以外の領域にも手を伸ばせる。良いところでもあり、大変なところでもあります。でも、非常にやりがいがあります。「有田から世界に出ていこう、100年、200年続くものを作っていこう」という気概を持つ会社なので、そういう夢を持つ人と一緒に働きたいですね。若い人がどんどん入社して、技術の継承がもっと進めば、もっともっとこの会社は良くなると思います。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

アリタポーセリンラボについて

創業1804年 200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」
アリタポーセリンラボは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した
現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、
一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。