JP
日本語FrançaisEnglish简体中文

ベテランから若者へ
受け継ぐ技術と熱意

入社歴: 52年4ヶ月

山下 克巳

所属部署: 成型

担当業務: 排泥鋳込成型、仕上げ

有田焼の仕事に魅力を感じ、以来50年以上職人として働き続けている。製品の器を作り上げる「成型」を担当。

一人ではできない仕事だからこそ、最後までやり通す意思が大切

自分ひとりではできない仕事が多く、誰かのアドバイスが必要なこともあります。だから、誰かと意見が合致すると、それだけで仕事に楽しくのめり込むことができます。職人として大切にしていることは、「最後までやり通すっていう意地」です。一人では仕事できないからこそ、そういう気持ちが必要だと思います。仮に失敗したとしても、別に変わらないと思います。成功したときの喜びや、試行錯誤の苦しみも、実は繋がっているんです。とことんやっていけば、全て嬉しいことに繋がると思って仕事しています。

「年寄りの知恵」をもっと若い人に使ってもらいたい

アリタポーセリンラボは新しいものにどんどん挑戦します。大物の制作にも恐れず挑戦できる。それが一番良いところだと思います。でも、進歩するために若い方にももっと勉強してもらえると良いですね。「年寄りの知恵」というのは、当然ですが若い方にはない知恵です。それを上手に使っていただいて、もっともっと若い職人も、アリタポーセリンラボも伸びていくと良いと思います。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

アリタポーセリンラボについて

創業1804年 200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」
アリタポーセリンラボは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した
現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、
一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。