JP
日本語FrançaisEnglish简体中文

2016.02.28

アリタポーセリンラボの日常

Maison & Objet / ARITA 400project

IMG_9049
ARITA PORCELAIN LABは、フランス・パリで開催される国際見本市」メゾン・エ・オブジェ」の、佐賀県有田焼創業400年事業「ARITA 400project」ブースに、2014年9月、2015年9月、2016年1月と3度にわたってに出展しました。
「ARITA 400project」ブースは、当社を含め、有田焼を代表する8社(ARITA PORCELAN LAB、深川製磁、源右衛門窯、 畑萬陶苑、カマチ陶舗、KIHARA、李荘窯、224porcelain)が参加し、長い歴史の中で培われてきた技術と、伝統に裏打ちされた、新たな「有田焼」を発信してきました。
IMG_9200

IMG_9197

IMG_9186

20160124_102758-300x169
日本でも人気のJAPANシリーズは、欧州でも人気で特に桜をイメージしたJAPAN CHERRYシリーズは、こんな素敵なピンクの色は見たこと無いと絶賛です。カラフルな色で有名なイタリアの陶芸作家クリスチャンヌ・ペロション本人からもこのピンクは自分でも出せないと絶賛いただきとても嬉しかったです。
IMG_9194
世界的な工業デザイナーである奥山清行氏がフォルムをデザインし、アリタポーセリンラボの代表絵柄である古伊万里草花紋をあしらったティーポットと、ティーカップ。

IMG_9196

大英博物館2

大英博物館
今回アートピースとして出展した、画家の小松美羽さんとコラボした狛犬は2015年11月に大英博物館に所蔵展示された作品。当窯 七代目弥左エ門 松本哲の名前もしっかり大英博物館に刻まれました。
・・・Matsumoto Satoru who formed and fired them.
He is the seventh generation to head the Yazaemon kiln,Arita.・・・

IMG_9015

IMG_9228
(ビートたけし氏)

IMG_9242
(奥山清行氏)

IMG_9234
(佐藤可士和氏×KIHARA)

400年目を迎えた2016年1月の出展の際には、ビートたけし氏、隈 研吾氏、佐藤 可士和氏、奥山清行氏 4名の日本を代表するトップクリエーターが有田の窯元と作品をつくり、「ARITA × 4CREATORS」ブースも出展、連日大盛況でした。
当社は、ビートたけし氏と奥山清行氏とコラボした作品を作成し、佐藤 可士和氏とKIHARAのコラボ作品の製作に携わりました。
IMG_9108
3回の出展を通じて、ARITA PORCELAIN LABの世界観は世界に十分受け入れられると実感しました。この世界観をブランド化し、根気よく発信する事によって、世界ブランドになる事を目指しがんばります。

その他ニュース

一覧に戻る

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

アリタポーセリンラボについて

創業1804年 200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」
アリタポーセリンラボは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した
現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、
一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。