JP
日本語FrançaisEnglish简体中文

2016.06.16

アリタポーセリンラボの日常

Maison et Objet 帰国報告会@佐賀県立九州陶磁文化館

ようやく、帰国展が始まります。
まずは地元有田から。

もちろんアリタポーセリンラボもこの報告会で報告させていただきます!

有田焼創業400年事業「ARITA400project」では、有田焼の欧州におけるブランディングと販路開拓を目指し、フランス パリで開催されている欧州最大級のインテリア・デザインの国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」に有田焼を出展する取組を3年連続で行ってきました。
 本年1月に3回目の出展を終えたことから、この取組の成果である出展作品等を有田焼産地の事業者や県民の皆様にお披露目するとともに、有田から広く全国に向けて発信するため「メゾン・エ・オブジェ」帰国展を下記のとおり開催することといたしました。


1 帰国展の概要
(1)期間
  平成28年7月1日(金曜日)~7月18日(月曜日)9時00分~17時00分、
  ※期間中の7月4日(月曜日)、11日(月曜日)は休館日

(2)場所
  佐賀県立九州陶磁文化館 ホール、第一展示場
  (西松浦郡有田町戸杓乙3100-1)

(3)展示内容
 「メゾン・エ・オブジェ」に出展した作品等を展示します。
  ・参加事業者8社の出展商品
  ・奥山清行氏(「ARITA 400project」プロデューサー)及びゲストクリエーター(コ 
   メディアン・映画監督 ビートたけし氏、建築家 隈研吾氏、グラフィックデザイ
   ナー 佐藤可士和氏)と参加事業者とのコラボレーション作品

(4)観賞料
   無料

(5)報告会等の開催
  奥山清行プロデューサーを迎え、プレスカンファレンス、プロジェクト報告会等を 
  開催します。
  1) プレスカンファレンス
   ・日時:7月1日(金曜日)17時00分~17時20分
   ・場所:九州陶磁文化館 ホール
   ・内容:プレス向けのプロジェクト取組概要説明及び展示商品説明
  2) プロジェクト報告会
   ・日時:7月1日(金曜日)17時30分~19時00分
   ・場所:九州陶磁文化館 講堂
   ・内容:メゾン・エ・オブジェ出展で得られた経験や成果を、県民や有田焼産地の 
       皆さんなどへ広く報告します。
   ・登壇者:ファシリテーター
         下川一哉氏(株式会社意と匠研究所 代表)
        報告者
         奥山清行プロデューサー
         「ARITA 400project」参加窯元・商社(8名)
  
   ・交流会の開催
     報告会終了後の19時15分~20時00分において、報告会来訪者を対象とした交流
     会をホールにて開催します。
     交流会では、奥山プロデューサーと出展事業者による展示作品の解説も行いま    
     す。

  【 プロジェクト報告会への参加申込について 】
   ・プロジェクト報告会への参加については、事前登録が必要です。 
   ・必要事項((1)会社名 (2)氏名 (3)参加人数 (4)連絡先)を次の連絡先までお   
    知らせください。
<連絡先>
     佐賀県有田焼創業400年事業実行委員会 担当:荒平
    (佐賀県有田焼創業400年事業推進グループ)
     E-mail arita400-g@pref.saga.lg.jp
     FAX 0952-25-7392、電話 0952-25-7231

2 取材について
  取材を希望される場合は、事前に有田焼創業400年事業推進グループ鷲崎、
 又は堀岡(内線:2128/外線:0952-25-7231)まで、御連絡をお願いします。

3 出展事業者、プロデューサー、ゲストクリエーター
(1)出展事業者
  ・ARITA PORCELAIN LAB(有田町、代表松本哲氏)
  ・株式会社 カマチ陶舗(武雄市、代表 蒲地勝氏)
  ・株式会社 キハラ(有田町、代表 木原長正氏)
  ・株式会社 源右衛門窯(有田町、代表 金子昌司氏)
  ・224porcelain(嬉野市、代表 辻諭氏)
  ・有限会社 畑萬陶苑(伊万里市、代表 畑石眞二氏)
  ・深川製磁 株式会社(有田町、代表 深川一太氏)
  ・有限会社 李荘窯業所(有田町、代表 寺内信二氏)
   <以上8事業者(50音順)>

その他ニュース

一覧に戻る

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

アリタポーセリンラボについて

創業1804年 200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」
アリタポーセリンラボは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した
現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、
一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。