JP
日本語FrançaisEnglish简体中文

2008.02.14

アリタポーセリンラボの日常

首都

またまたご無沙汰になってしまいました…。

さて1/30~2/12の間テーブルウェア出店の為に東京に行ってました。
今回の出張は雪に見舞われたり、初日に松本が体調を崩したりと色々あり、
どうなる事かと思ってましたが無事に終える事ができホッとしています。

アルバイトで手伝ってくれた大学生にも感謝ですね。

東京に行く度に感じるのが、有田と東京の時間の流れ方が違いすぎるって事です。

間違いなく同じ時間の単位で1日1日が進行してるはずなのに…。

自分の中ではそれが何なのかは確定できてませんが、東京では刺激を感じる事が多いので、

それの連続が時間を早めてるのかも?なんて思ってます。

その他ニュース

一覧に戻る

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

アリタポーセリンラボについて

創業1804年 200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」
アリタポーセリンラボは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した
現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、
一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。