JP
日本語FrançaisEnglish简体中文

2012.12.04

アリタポーセリンラボの日常

伊勢丹新宿店の売場に社長登場!

寒い日が続きますね。有田は秋の陶磁器まつりが終わったころから急激に寒くなったような気がします。

さて、今週末の8日土曜日、9日日曜日と当窯の松本が東京に参ります。

伊勢丹新宿店5階のグローバルダイニングにてお客様と直接お話しする機会を得る事が出来ました。
当日はJAPANシリーズの誕生秘話から、海外へのアプローチ、そして製品についてなど直接お話しさせて頂きます。

弥左ェ門窯 七代目当主 松本 哲

九州大学経済学部卒業後、某都市銀行に入行。3年間勤めるが実家に呼び戻され20億円の借金を整理するため民事再生を行い家業を継ぐことになる。有田焼を今一度世界ブランドにするために、現代のライフスタイルに合ったモダンな有田焼「アリタ・ポーセリン・ラボ」の開発を手がける。その中でも、日本の四季をテーマにした、新しいスタイルの有田焼「JAPAN」シリーズは、NY、パリ、東京で高い評価を得ている。

今回はもう一つ企画があります!
豆皿プレゼント!

七代目がデザインした豆皿(非売品)を伊勢丹新宿店にて8日、9日に
当窯製品3,000円以上お買い上げのお客様にプレゼントいたします!
現定数は100枚となっております。
3000円以上のレシートを松本にお渡しください。豆皿をお渡しいたします。
写真のような格好をしているのですぐに分かると思います!

この機会にぜひ、伊勢丹新宿店にお立ち寄りください。

その他ニュース

一覧に戻る

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

アリタポーセリンラボについて

創業1804年 200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」
アリタポーセリンラボは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した
現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、
一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。