JP
日本語FrançaisEnglish简体中文

2017.05.22

アリタポーセリンラボの日常

アリタポーセリンラボカフェでランチスタート 6月1日から

ARITA PORCELAIN LABの器を実際に使って、フレンチプレスコーヒーやフルーツティーが楽しめるカフェ。昨年10月1日のリニューアルオープンで、ARITA PORCELAIN LABの世界観を楽しんでいただける空間としてスタートしました。
4月に記念すべき初回を開催した『日々是ハレの食卓』のメインコンセプトから引き継ぎます。
『〝器〟と〝食?の新しいかかわりを探る「日々是ハレの食卓」を提案いたします。1枚の器には、日常の食卓をハレに変える力があります。世界の食卓にハレを届け、 心の贅沢を提供するのが私たちアリタポーセリンラボの仕事です』
アリタポーセリンラボ旗艦店CAFEでも、ランチやティータイムにおいて 「日々是ハレの食卓」を提言提案していきます。
このカフェで、6月1日に待望のランチがスタートします。

DSC_3746_2-min
ランチ時間:11:00~14:00 価格:2,160円(税込)

サラダ、ありたどりorありたぶた、ごどうふ、棚田米、味噌汁、他総菜2品、コーヒー、デザート付

【カフェランチについて】
テーブル上では器が主役であり、それらを彩るメニューはご自宅でも再現可能なメニューをご提供し、あくまでも日常の一コマとして落ち着きのあるアリタポーセリンラボ旗艦店CAFE・イベントスペースにて くつろぎながら、有田の食材を使用したベーシックなメニューを 提供いたします。

メニューは、採れたての地場の野菜を使ったサラダ、メインは有田どりもしくは有田ぶた。それに有田名物の呉どうふ。呉どうふにかかるゴマ醤油は七代目弥左ヱ門の母が五代目夫人から教わった松本家の味である甘いゴマ醤油です。ごはんは日本の棚田百選にも選ばれた有田の棚田米。他2品の総菜と、コーヒーとデザート付で2,160円(税込)の有田の食満載のコースになります。
ベーシックなメニューですが、ARITA PORCELAIN LABの器に盛り付けると、ちょっと上品なランチコースに!器次第で、料理の見た目も味も変わる事を実感できるランチです。ぜひ、ご体験下さい!

ありたどり
自然豊かな有田で育った、ありたどり。
北の海で取れる希少価値の高い特殊な昆布、「ケルプ」。ヨーロッパでは古来よりハーブの一種として珍重されています。その「ケルプ」を飼料とともに与え、良質な飼料と、放し飼いの環境で、伸び伸びと育てる事で、柔らかく、さっくり感があってヘルシーな若鶏を実現しました。

ありたぶた
全日本棚田100選にも選ばれている、佐賀県の有田町の棚田地区は、とても自然豊かで水がキレイなところです。産まれてからずっとその美味しい水を飲み、そして綺麗な空気を吸って大切に育てられた豚です。そして、独自に配合した、全て自然由来のエサを食べて育っています。それにはオリジナルのパン粉や黒豆などが入ったそのエサが、脂の甘さや肉質のやわらかさ、高い栄養価を実現させています。

ごどうふ
餅のようにやわらかく、プリンのような光沢と、とろける食感が特徴のごどうふ。
有田の食卓では、かかせない一品です。
一般的な豆腐は豆乳をにがりを使って固形物しますが、ごどうふでは豆乳にくずや澱粉を混ぜ、加熱し凝固させます 。昭和の初め頃、大豆を買い付けに長崎を訪れた有田の商売人が、中国人からくずを使った豆腐の作り方を教わったのが始まりという言い伝えがあります。ごどうふにかけられるごま醤油は、七代目弥左ヱ門の母が手造りで作る、弥左ヱ門家に代々伝わるごま醤油です。

sDSCF1117-2

<店舗情報>
店名:ARITA PORCELAIN LAB(アリタポーセリンラボ)
住所:佐賀県西松浦郡有田町上幸平1-11-3
TEL:0955-29-8079
営業時間:11:00~17:00(ランチ11:00~14:00)
定休日:火曜日

アリタポーセリンラボは、現代のライフスタイルに合わせた、ラグジュアリーモダンな有田焼です。
創業1804年、熟練職人が200年の伝統技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、一つ一つ手仕事で作っています
有田旗艦店は、アリタポーセリンラボの世界観を体感いただく空間として、2016年10月1日にリニューアルオープンいたしました。

その他ニュース

一覧に戻る

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

アリタポーセリンラボについて

創業1804年 200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」
アリタポーセリンラボは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した
現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数え切れない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、
一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。